過払い請求ができない人

もう一つ、過払い請求ができない例は、金融会社が倒産してしまっていたり、悪徳社の金融会社で、夜逃げ同様に、経営者が行方をくらませてしまったりした場合などだ。こればかりは、司法書士サイドなどで、どんなに努力してもどうにもならない。2010年9月に、会社更生法の申請をし、翌11年の10月に東京地裁が認可をした武富士の倒産の場合でも、法に従った、きちんとした整理再生の道を歩んでいるにも拘らず、過払い利息の返還となると、第一次第二次とも微々たるもので遅々として進んでいない。武富士を好例として、弱小金融とは、あまりかかわらない方がいいし、ヤミ金融(金融庁に届け出ず、認可も受けないで営業している金融会社)とかかわったりするのは、とんでもないことである。

記念に残るプレゼント

お友達や知人が、進学や引っ越しなどで遠く離れてしまう場合には、記念に残るプレゼントがお勧めです。映像を編集できる人がいるのならば、周りの友人のコメントなどを繋げて1枚のDVDにすれば、かさ張らない上に、t特別な記念に残るプレゼントになりそうです。アルバムの台紙が1枚ずつに分かれるものを準備し、1人1枚ずつ写真やメッセージなどでデコレーションして最後に1冊にまとめると、それぞれのページに個性が出て楽しいプレゼントになります。
採用適性検査
また、名前入りのプレゼントも事前に準備していたことがよく伝わります。名前の刻印の入ったボールペンや電波時計、フォトフレームなどは定番ですが、お菓子などでも名前や写真をパッケージに取り入れた特別バージョンを作ってくれるサービスがあるようです。ネットで検索してみただけでも、誰もがスーパーや駄菓子屋で目にしたことのあるガムやスナック菓子、アメなどにメッセージや写真を入れるサービスを見つけることができました。引っ越しをされる方なら、自分の記念になるだけでなく引っ越し先での近隣への挨拶まわりにも活用できそうです。
おせんべいやクッキーなどに直接印字できるサービスもたくさんあるようです。こちらは結婚式の引き出物や誕生の内祝いグッズを販売しているサイトでよく見かけることができます。お菓子は食べてしまうと形は残りませんが、同じお菓子を目にする度に「記念に作ってもらったな」と懐かしく嬉しく思い返せるのではないでしょうか。
http://www.9680.jp/
http://airily.jp/shop/default.aspx

映像制作業界の細分化

今後は映像制作業界の細分化がさらに進むと思われます。現在でも映像制作会社の数は増えてきていますが、今後ますます「テレビ以外の映像仕事」を引き受ける制作会社が増えていくでしょう。さらに、代理店が減っていき、小さくなった制作会社からも独立して個人でやっていく人も増えていくでしょう。なぜ代理店が減っていくかというと、制作会社が直接クライアントとやり取りを行うようになってきているからです。
http://www.tao-iw.com/

宅建業法では

成功報酬主義となっており、仲介手数料は、あくまで成功報酬として支払うものになります。たとえ売買や貸借の依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません。また、不動産の取引契約が有効に成立しなければ媒介が成立したと言えないので、契約が無効になったときや取消しとなったときも、不動産業者が報酬を請求することはできません。尚、宅建業者(宅地建物取引業の免許をもつ者)以外が、仲介手数料を請求することは違法です。
http://www.0110.me/

リノベーションの内容

リノベーションの内容も、マンションの一室をシアターにしたり、純和風にしたり、間仕切りをなくして広い空間を実現したりと様々です。中古マンションを含むマンションのリノベーションにかかる費用は、リノベーションする範囲や水周りの変更の有無、利用する部材、新調する設備だけでなく、どんな風にするか、どこまで自分のライフスタイルにこだわるかで異なるようです。目安として、600万円以下、600万~1000万以下、1000万以上と3段階くらいに分かれるようです。中には300万円代でできるものや、4000万以上かけて行われるリノベーションの事例もあります。工事の規模によりますが、工事期間は1ヶ月~3ヶ月ほどが多いようです。

五万分の一地形図は陸軍が作った

いずれにしても、五万分の一地形図は、その土地の生活の匂いまで感じさせるほど、正確にして、精緻です。しかも、日本全国津々浦々まで完成しています。離れ島も山のてっぺんっもです。こういう精密な地形図があるのは、日本だけとかで、他国の地形図は、もう少しいい加減らしいのです。中国の奥地やアマゾンの奥地、アフリカのあちこちやシベリアやグリーンランドには、まだまだ空白地帯があるそうです。国連の地名標準化会議でも、日本の地形図の評価は、高いそうです。2009年に公開された映画『剱岳 点の記』は、日露戦争を戦い勝利した日本陸軍が、国防のため、地形図を作り続けてきた、国土地理院の前身である役所を、陸軍の管理下に置き、当時日本中で、唯一の空白地帯となっていた剱岳頂上付近を測量し、地形図から空白をなくすことを企図し、頂上に三角点を設置するまでの経緯と、苦闘の登山を、映画にしたものでした。明治39年の出来事です。
そもそも国土地理院という役所は、明治2年の新政府下で、民部省の戸籍地理掛として発足した役所が前身で、明治4年には早くも、兵部省の管轄下に移されました。以後、測量と地形図の製作は、明治政府の富国強兵策の一環として、国防上の必要性から、実施されてきたもので、明治21年には、はっきり陸軍測量部となりました。その後地図は、軍の仕事として作られ、1945年の太平洋戦争終結時まで続き、敗戦で軍隊が解散、仕方なく陸軍測量部は、内務省の地理調査所となって、やっと地図製作が、文官の仕事となったのです。現在の国土地理院という名称になったのは、1960年(昭和35年)のことなのです。ハイキンブや登山など、レジャーの必携品である五万分の一地形図が、戦争とともに、精密なものに発展してきたというこの皮肉を、噛みしめておきたいものです。
http://www.chizu-seisaku.com/kigou/

子供のサンダル

最近の子供用サンダルには、大人が見てビックリするようなサンダルがあります。本当に幼い子供サンダルは昔と変わりません。よくピーピーと音の鳴るサンダルがありましたが、今はシューズも含め、あまり見かけません。少し大きくなるとキャラクターが強くなってきます。「D」のキャラクターは強いです。
プリンセスシリーズは女の子に大人気です。すこし大きなサイズになると、ヒールサンダルが出てきます。大人ですら嫌になるヒールを、10歳以下の時から履くようになっています。ビックリです。街で履いてる子を見かけると、「大人になれば嫌と言うほどはけるのに・・・」と何となく残念な気持ちと、ヒールへの憧れる気持ちが交錯します。これも雑誌の影響なのでしょうか。
では、男の子はどうでしょう。本当に幼い時は親が選ぶので女の子と同じですが、ある程度から差が出来ます。男の子はヒーローものを好んでいるように思います。かっこいいもの、強いものに男の子は惹かれ、憧れるのがよくわかります。「子供サンダル」とは言っても、女の子は「かわいい」を、男の子は「かっこいい」を好むようです。
最近、大人も子供も「クロックス」を履いていますが、本当に安全でしょうか?エレベーターの事故等はこのサンダルが原因になっていると言われています。つま先にオシャレが出来るこのサンダルは、着けている飾りが怪我のもとになることもあるようです。そして、小さな子供の足ではすぐに脱げてしまいます。この複合的な要因で怪我をするのでしょう。しっかりと親が見ていれば大丈夫な事もあるでしょう。このサンダルは通常に履けば素敵なかっこいいサンダルです。

私と保険

私とハートの保険-60年安保の年に社会人に
とまあ、保険について、こういうことを紋切り型に書いていっても、何も面白くない。現代の保険が、抱えている問題点も明らかにならない。そこで筆者は、初めて社会人になってから、後期高齢者になった今日までに、自分が保険にどうかかわってきたかを、書いてみることで、保険についての何かを、発見したいと思いついた。
私が、学校を出て、社会人になったのは、昭和35年(1960年)で、いわゆる「60年安保」の年であった。就職したのは報道機関であった。戦後の米軍の占領が終わった(沖縄を除く)サンフランシスコ平和条約の発効の年(1951年)から、10年目を迎え、同時に締結した日米安保条約(事実上の日米同盟)を、ソ連などとの冷戦の激化で、強化したいとアメリカから迫られ、自衛隊や基地の役割を強化する新安保条約が締結され、5月20日に岸内閣の与党自由民主党の単独採決で、衆議院を通過した。野党の反対で、参議院での審議は行われなかったが、30日を経過すれば、条約は自然成立する憲法の規定に基づき、6月19日の24時が、そのギリギリの時点に当った。当時の国民世論は、戦争を放棄した平和国家日本が、再び戦争に巻き込まれるとして、新安保条約反対が多く、その24時に向けて、連日のように国会を取り巻くデモが続き、6月15日の夜、デモと警官隊の衝突の中で、東大の女子学生樺美智子さんが死亡した。世に有名な「60年安保の6.15事件」である。私は社会人になってすぐ、この「60年安保」について、熟考せざるを得ない立場に立たされ、東京には行かなかったが、大阪で、報道の仕事の下働きをさせられた。いわばいきなり、右も左も分からない記者の卵が、政治の価値判断を、自らの判断で、しなければならなかったのだ。

地図記号

地図記号とは、地図を見たときに一目でその土地に何があるか、または地形がどうなっているかを分かりやすく表す為に用いられる記号の事です。日本では、国土地理院によって定められた2万5千分の1縮尺用で161種類が地図記号が、地図制作に使われています。
これらの記号は時代の移り変わりと共に見直され、削除されたり新しい地図記号が増えたりします。例えば2002年には博物館と図書館の記号が、2006年には老人ホームと風力発電用風車の地図記号が追加されたそうです。このときの地図記号のデザインは、地図を学ぶ教育の一環として小学生・中学生から募集し、応募総数は11万8千点を上回ったそうです。
http://www.chizu-seisaku.com/kigou/
記号には建物や施設を表す記号、目標となる記号、自然に使う記号、交通に使う記号などがあります。また、分かりやすいように詳細地図にコンビニエンスストアやガソリンスタンド、ファーストフード店などにはチェーン店のロゴマークを地図に書き入れてあるものもあります。特に、道を案内するカーナビなどでは、単なる建物表示よりも具体的なチェーン店のロゴマークの方が直感的に分かりやすく、道を間違えにくいようです。
自然に使う記号では、日本国内でよく育てられている植物、自生している植物などの記号があります。桑畑や茶畑のマークがあるのは日本の特徴だと言えるかもしれません。外国において、例えばドイツではホップとブドウの畑のマークがあり、アフリカではバナナやタバコの木、コーヒー豆の畑のマークが見られるなど、各国の特産品がそれぞれ地図記号化されているようです。